♪あゆちゃんち♪のあゆちゃんのお兄ちゃんの本を読みました。

こんばんは!!

音ごはん もともとこです。

 

土曜日は祝賀会ライブからの

ものまね芸人知香さんとお食事からのカルーア啓子さんも呼んで

飲み会!!たのしかったわーー\(^o^)/

日曜日は子育て記念日役員反省会からの

こども町会バレーボール大会からのその打ち上げ!!

 

休む間もなく駆け抜けてしまったので、本日電池切れて

気絶していました( *´艸`) たくさん寝たから、復活!

 

日頃なかなか、本をゆっくり読むという時間もとれないので、

電車移動の時などに少しづつ読んでいて、最近やっと

読み終わった本があります!

 

板橋区内でコミュニティスペース

♪あゆちゃんち♪

開いている、重症心身障がい者の、もはやアイドル的存在

あゆちゃんの、お兄さんが本を出版されたということで、

じっくり読ませていただきました。

 

内容に入る前に。私とあゆちゃんとの出会いは、

音ごはんがライブ活動を始めた2014年秋にお声かけいただき、

2015年の1月に、音ごはんフェスの前身みたいな

「あゆちゃんちの手作りまつり」を開催させていただいたとき

でした。

 

その時の様子は、617gいっくん成長ブログに書いていました!

    ↓

♪あゆちゃんち♪の手作りまつり のブログ記事

 

その後も、

    ↓

♪あゆちゃんち♪のカホン講座

 

や、M’sさんとクリスマスコンサートをやらせて頂いたり、

パステルアートしに行ったり、いろいろお世話になっております。

 

この本を読んでまず、あゆちゃんの、そしてご両親の、兄妹の

素顔が見れた気がしたました。あ、ふつうなんだなあって。。

完璧な介助や、いっつも笑顔の素敵な家族だなんて、

そんな理想を追い求めるのは、こちらの勝手で。

障がいのある子がいる、その家族は、毎日みんなで一生懸命

こどもが苦しくないように、試行錯誤している。

あゆちゃんも、泣いたり、怒ったり、気をつかったりしている。

それだけのことなんです。

 

私が会ったあゆちゃんは、いつもご機嫌で、

「いいよ~(*^▽^*)」って笑ってた。

 

だけど、それは営業スマイルだったのかな( *´艸`)

 

そういえば、人の手を借りなければ生きていけない子に共通して、

なんか、愛嬌があって、笑顔がかわいい。・・・気がする。

 

(うちのいっくんも、3人の中で一番愛嬌があって、かわいい(笑)。

NICUでもGCUでも小児科病棟でも、待合室でも公園でも、

いっつも愛想を振りまいてた。ちゃんとニコってする。

愛され方、助けられ方を知っているのかな(*^▽^*)。)

 

介助をはじめて、距離を縮めようとしたあゆちゃんのお兄ちゃん。

笑ってくれないとか様々な現実に直面して、悩み、葛藤して、

最後には、家族だから、むしろ、気を遣われないんじゃなかろうか、

なんてことに気づいたりして。

 

双子の妹さんは、お医者様になって、あゆちゃんの主治医になると

決意する。お母さんへの気持ち、あゆちゃんへの気持ちにも、

だんだん素直になっていけたのかな。つらかったことも、

たくさんあったよね!ほんとに、がんばりやさんです。

 

ほかの子どもたちには、背負ってほしくない。でも助けてほしい。

お母さんの苦悩の場面は、もう、泣かずにはいられません!

 

出会いつづける。あゆちゃんを助けてくれる人、

人生を豊かにしてくれる人を、探し続ける毎日。

親としての気持ち、痛いほどわかります。

自宅を開放して、サロンのようにして、同じように悩んでいる方や、

何かを表現したり、体験したい人を募る日々。イベント三昧!

身体に鞭打ってでも、がんばっちゃうんですよね。

 

あゆちゃんのママは、初めてあった時から、

同じ匂いを感じたママさんでしたので、共感したり、共鳴したり、

憧れたり、無茶しないでーーー!とおもったり。

 

これからも、いつまでも、ずーーと♪あゆちゃんち♪が、みんなが

集まる場所で有りますように。私も久々に行きたくなったわ!!

 

生きていく。地域の人と、支え合いがながら生きていく。

 

この本の中に、幸せとはなにか、生きるヒントがあるかもしれません。

 

ぜひ、読んでみていただきたいとおもいます(*^▽^*)。

 

 

それでは、おやすみなさいませ。

 

 

音ごはん(子育て応援主婦バンド)もともとこ

 

 

 

 

 

 



        読者登録はこちら:読者登録をすると、ブログ投稿されると、メールで通知されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です