Why Japanese people?  なんで政治を語らない?

たまご・ふりかけ・音ごはん。つながる・ひろがる・音ごはん。

こんばんは!もともとこです。 遅ればせながら、家族の食べ物に気を使い始めたところです。

今日は、少し前進しました。初めて政治について語り合えた人が何人かいました。

外国人から見ると、「日本人って、なんで政治の話をしないの?」って、不思議みたいですよ。

なんか、怖いよね。政治の話って、怖いよね。なんでだろ?怖いってのが、おかしいよね。

聞いていいんです。話していいんです。怖がることなんかないんです。今のところ・・・

ママ友と、友人と、家族とも話しました。いろんな意見があることを知りました。

改めて、町のポスターを見ました。みんな、それぞれ信じるものがあり、正義があるのです。

大事な選挙の前なので、毎日少しずつ、勉強していきます!

まず、武力について考える。

戦争を放棄すること。

「これが日本を守ってきた。これからも丸腰でいこう。」そう思う人もいれば、

「戦う姿勢を見せないから、なめられるんだ!やられたらやりかえせ!」と思う人もいるのです。

皆さんは、どう思いますか?

今回の選挙のおおきなポイントのひとつは、私はそこだと思うのです。

今の政権は「自衛隊」を、「総理大臣を最高指揮官とする国防軍」と変える

法案を提出して、国会ではもうそれが通っています。知らなかったけど。

その理由としては、

独立国家が、その独立と平和を保ち、国民の安全を確保するため軍隊を保有することは、
現代の世界では常識です

だそうです。

でも、指揮するのは総理大臣で、実際、武器をもって現場へ行くのはだれですか?

怖い。ここが怖いのです。

「 文民が、軍人に対して指揮統制権を持つという原則 」

に基づいているのだそうです。

文民と軍人ってなんですか?これ、映画の中の話ですか?

「国防軍は、軍隊である以上、法律の規定に基づいて、武力を行使することは可能である
考えています。また、集団安全保障における制裁行動についても、同様に可能である
考えています。」

だそうです。はあ、そうですか・・・だから、誰が行くんだっ!!っていう話です。

一握りの、ゼッタイ行かない人たち(文民様)が決めちゃうのです。

みなさん、よーく、考えましょう。そしてぜひ、話してみてください。どう思う?って。

読む気力のある方は、自民党憲法改正草案、読んでみてください。わかりやすいです。

     ↓

今の憲法と、改正案の比較

もう活字なんて読まないなんて・・・言わないよ絶対~

では、おやすみなさいませ。



        読者登録はこちら:読者登録をすると、ブログ投稿されると、メールで通知されます。

1 thought on “Why Japanese people?  なんで政治を語らない?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です