管が抜けた日

いっくん今日は、リハビリで疲れたのと、眠り薬がよく効いたのか、帰宅後もずーっと寝ていて、お昼を食べて二時間くらい起きてたけど、またずーっと寝てて、ちょっと心配してしまったほどでした。
 
でも夕飯で起こしたら、ちゃんと食べたし、つかまり立ちもお姉ちゃんたちに披露できたし、大丈夫でした!!
 
 
そしてなんとなんと!!
 
お風呂から出たちょっとのスキに、お腹のチューブを全部引っこ抜いてしまわれました!!!!
 
 
でも、前回の診察で、もう抜けてもそのまま様子をみましょうと言われていて、それを娘たちにも話してあったから、なぜか三人で大爆笑!!
 
なんだかうれしいやら、ほっとしたやらで、とにかく笑いが止まらなくて・・・、いっくんはキョトンとしてたけど!!
 
とくに次女は、ずっとチューブを怖がっていたから、
 
「いっくん、スッキリしたかおしてるーーーーー!!」
 
と、一番うれしそう。。
 
傷口は痛々しく、長女が「おへそはどっち??」と聞くほどでべそみたいになっちゃってるけど、これも勲章。
 
かゆくてまわりが真っ赤っかにかぶれちゃってるところを、三人でキャッキャ言いながら、お薬ぬってあげました。
 
ほんとによく頑張ったよ。いっくん。
 
あんた、すごいよ!!
 
お姉ちゃんなんて、トゲが刺さっただけで大泣きだもの、どれほど痛かっただろうね。
 
これからどうなるのかわからないけど、とりあえず、なんだか、ひとくぎりついちゃったなあ・・・・
 
という記念すべき日でした。



        読者登録はこちら:読者登録をすると、ブログ投稿されると、メールで通知されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です