ママ強し

ご心配おかけしました

ママの精神状態は落ち着きました。良かった探しのおかげと、何より一週間毎日、お腹の管と向き合ったので、慣れました

前回の鼻チューブも最初は怖くてブルーだったけど慣れたし、今回のももう慣れました

私って…我ながらタフです!
看護学生さんとも二週間、一緒にいっくんのお世話をして楽しかったし、いっくんニコニコ元気になってきたら、やっぱり可愛い

早くエルゴベビーでお出かけしたいと思います。

ママの受け入れ態勢、整いました
(掃除はまだよ)
でも、肝心ないっくんの風邪症状が治まりません。咳がひどく、これはまさに、前回の退院時と同じパターン?

実は前回、外科的には問題無いので、咳は無視して退院しました。訴えても、鼻チューブの刺激で咳が出るんだろうと言われて、無理矢理納得して、結果一週間で再入院でした。

今回も、外科医チームは早く帰したくてしょうがなく、内科医チームが待ったをかけている状態です。

私も、毎日通って戦い続けています。焦らずじっくり風邪を治してからにしてください!と。どうなることやら…

いつも元気な三歳の女の子。お腹に手術の跡と管が入っていて、いっくんの先輩のようです。三歳児に動くな、というのは無理な話で、電話コードのようにビヨ
ンと伸びる管をモノともせず、点滴ガラガラ跳んだりハネタリ。看護士さん達に叱られっぱなしです。

そんな光景にも慣れてきて、元気なら、ま、いっか
と思わせてくれてます。

いっくんも、かわいさピークの三年後、想像しただけでもニヤニヤしちゃいますね



        読者登録はこちら:読者登録をすると、ブログ投稿されると、メールで通知されます。

9 thoughts on “ママ強し”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です