アウト?セーフ?

昨日は娘たちに学校・幼稚園を休ませて、みんなで休養しました。
 
いっくんも水下痢がまだ続き(でも浣腸しないと出ない)、泣くでもなくゴロンと横たわってそのまま寝ちゃってたり、元気はないものの、少しずつエレPが飲めるようになってきて、夜には150ccも飲んで就寝(ほんとは240cc飲める)。。。。
 
ところがぐずぐず泣いて起きて、なんだか眠れないようす。
「そっか
やっと調子が戻ったから、エレP足りないんだ!」と、単純にまた飲ませたら、なんだかまだぐずぐず。
 
もう夜中なので布団に連れ込んで、ママの胸の上に乗っけて無理やり寝かせようとしたら・・・・・・・・
ジェット噴射ーーーーー!!
今までで一番ひどい!エレP全部ママに吐かれた

吐いたらスッキリしたのか、また飲みたがるので、スポーツドリンクをスプーンで少しずつあげてみた。
 
そんなんじゃ足りない!!ってギャーギャー泣くので仕方なく哺乳瓶に入れてあげたら…・また吐いた
 
土曜の午後からは吐いてなかったのに、またぶり返しちゃったのかなあ?
とりあえずお風呂の残り湯に洗い物は全部突っ込んで寝る。もう慣れたもんです。
 
いっくん今朝はぐったり。熱は無し。  「脱水」か、「寝不足」か。  
アウト?セーフ? つまり受診(入院)?様子見?
 
登校登園を見送って、大量の洗濯物干しながら、考える。
三度も緊急入院してると、なんとなくわかってくる。先日も、「飲めない、おしっこが出ない、発熱」と三拍子そろったので、入院を99%確信して、荷造り完璧にしていって正解だった。
 
今日もし受診するとしたら、それはイコールまた入院。それはまずい。なんとか阻止せねば。
 
スポーツドリンクを倍に薄めてあげてみた。・・・・吐かないみたい。でもぐったり、ずっとぐずぐず泣いている。
 
何度も何度も熱をはかり、腸ろうからエアを引く。調子のいい時はまったく引けないのに、エアどころか腸液も引けちゃう。お腹も張ってる。黄色い下痢便。なのに浣腸待ちのやっかいなお腹。
 
アウト?セーフ?
 
たまらず入院時の担当医に電話で聞いた。状況を説明して、アウトとセーフの境を再確認。
医師曰はく、「整腸剤は二種類も常時飲んでるし、熱があるわけでもない。おしっこが出ている。吐き気止めを処方してもいいけれど、今のいっくんには刺激が強すぎて副作用が心配。無理して来るよりは、おうちで静かにしていたほうがいい。スポーツドリンクを薄めたのは正解。大丈夫そうならエレPも薄めてあげてみてください。」と。
 
そうか!!エレPも薄めれば胃に負担がかからないんだ!!なんでも聞いてみるもんだ。
エレPとは、エレンタールPという、消化器官などに疾患のある乳幼児の配合栄養剤です。摂取カロリーに応じて溶くお湯の量を変えるものだから、ただお湯を増やせばいい。またまた目からウロコちゃん
 
いつもは0.7kcal/ml(粉ミルクと同等)だが、0.5kcal/mlくらいにすればよい。大体計算して、薄いエレPを
少なめにあげてみて、様子を見る。ぐずぐず泣いているのは、吐き気か、腹痛か、だるいのかわからないけれど、とにかく一日中ずーーーっとおんぶしてあげたら、落ち着いて楽になったみたい。エルゴベビーに拍手!!
 
学校から帰ってきた小1の長女は、「あ、ママといっくんいた!!」だって。朝の私の狼狽ぶりから、入院を覚悟していたよう。こちらも慣れたもんです。
 
そうそう、電話をした担当医というのは、今でこそいっくんにとびきりの笑顔をむけてくれるが、なにを隠そう出産前の最後の面談で、「今回はあきらめたほうが…・」と神妙な顔をしていた小児科医。
 
私は心の中で、「先生、こういうことだったんですね・・・」といつも思う。
その半面、「どうだ!!うちの子かわいいだろ!!あきらめなくてよかったよ~ん
」とも思っている。
 
先生は、よく来る私たち親子を見て、何を思っているんだろう。
「ほら見なさい。この子を育てるのは大変だよ。」
はたまた、
「よくがんばっているなあ。さすが、あれだけのタンカをきっただけのことはある。」
ってか?
今度聞いてみたいと思います。実は忘れてたりして。
 
結局、今日の判定は・・・アウト?セーフ?よよいのよい!!
 



        読者登録はこちら:読者登録をすると、ブログ投稿されると、メールで通知されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です