なかなか手強いアイパッチ

こんにちは!音ごはんボーカル もともとこです。
弱視の左目を使わせるため、右目を隠すアイパッチ、
やはり小学生ともなると、黒板見えづらいし、
字はただでさえ下手なのに、片目じゃ上達しないかな、とか、ママのいろんな心配を、いっくん本人はどう思っていたのだろうか?
歯磨きしたの?とか聞くと、調子よく、
『はーい!(^○^)』って平気で嘘つくいっくんだもの。
で、学校の視力検査はもちろん引っ掛かり、

昨日はいつもの眼科にみてもらいに行って来ました。
結果はね、視力が全然上がってないんです。
アイパッチの、意味、まったくないってこと!?
もう、毎日ガミガミ、心を鬼にして貼ってるのに(T-T)
で、先生のお話は、
『学校でアイパッチはもう、厳しいですね。
やめましょう。黒板の字、みえないものね。』
ってなり、
でも、8歳くらいまでは、まだ、視力が上がる可能性は、無いとは言えないので・・・
『おうちで、できるときにやりましょう』って。
ママは、ズドーン(T△T)
いっくんは、
『シールあげるから、もうちょっとおうちでアイパッチ頑張れる?』って言われたら、
『はーい!(^○^)』
うそだろ。やるきないだろ。
でも、かわいいから許す(//∇//)
親バカばんざーい、もう知らない❗



        読者登録はこちら:読者登録をすると、ブログ投稿されると、メールで通知されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です